車検切れの車を買取査定サービスに申込みたい方もいらっしゃると思います。

でも、何となく気後れしてしまっているのではないでしょうか。

それは、車検が切れている車なんて、
買取りはしてくれないだろうという思いからではないですか?

もし、買取りしてくれたとしても、二束三文みたいな買取額で、
損してしまうというイメージを持ってしまいますよね。

実は、車検が切れているとか、車検の残りの期間が短いとかは、
車買取りにおいてはあまり関係ないのです。

思ったほど、車買取額に影響はないということです。

車検うんぬんよりも、
結局はその車の車種とか、
年式や程度といったことの方が
買取額にするどく反映されるということです。

なので、
車検切れの車を買取査定に出すと損する訳ではなく、
車検切れの車は車買取業者に売った方が
得なのかもしれないということです。

車の買取りに対しては素人の私たちには、
何だか納得できないようなことなのですが、
業界では当たり前のことなのです。

そのカラクリはこういうことです。

車買取業者は、
自社の車整備工場か、提携している車整備工場を持っています。

ということは、
私たちが車整備工場に車検の依頼をして支払う費用よりも、
車買取業者はずっと安い費用で車検を通すことが出来るのです。

以上のことを参考に、
車の買取額が高くなると思って、
車検を通してから車買取りに出してはいけない
と、よく言われています。

もう分かると思いますが、
車検を通すためにかかった車検費用分が、
車買取額に反映されないからですね。

タイトルの
『車検切れの車を買取査定サービスに出すと損する?』は、
上記のように、車検を受けてから車買取りに出した場合のことになります。

車を車買取りに出す時に、
車を高く買い取って貰いたいために、
費用をかけて車を直してはいけない・・・ということになります。

例えば、
・車にキズやヘコミがあったので板金塗装した
・エアコンの効きが悪かったので修理した
・タバコを喫っていたので車の消臭処理をして貰った
・タイヤが減っていたのでタイヤ交換をした
などなど、費用がかからないことならいいのですが、
費用をかけて直してはいけません。

車買取りに出す場合は、
車はそのままの状態で出しましょう。

もちろん、車検切れの車も同じことです。

大切なことは、
適切な買取査定をして、
適正な車買取額を提示してくれる車買取業者を選ぶことです。

車検切れの車など訳ありの車の買取についてはコチラ ⇒ 訳ありの車買取り