車を買い替える時には、今まで乗っていた車を処分しなければなりません。

以前は、ほとんどの方が自動車ディーラーの下取りに出していました。
しかし、近頃では約半数の方が車買取店に売却していると聞きます。

自動車ディーラーの下取りから車買取りへ流れる背景は、
何となくわかるような気がします。

ずっと以前から、自動車ディーラーの下取りは安いという評判があるからです。
実際に、あるディーラーで車を買い替えた時にも、その下取り価格は安く、
かなりの不満があったことを思い出しました。

こういうことから、自動車ディーラーの下取りへ流れていた車が、
車買取業者へ流れて行くのも必然的なことでしょう。

それでも、自動車ディーラーの下取りのメリットを重視する人もいて、
全部が車買取業者に流れることはないでしょう。

さて、以上のように下取りや買取りへ流れる車に
問題やダメージがない車なら良いのですが、
そうではない場合はどのような流れになるのでしょうか。

問題やダメージがある車も、基本の流れは変わりません。
唯一、変わるとすると、
その下取り価格や買取額が安くなるということでしょうか。

例えば、車検切れの車の場合はどうでしょうか。

車検切れの車を自動車ディーラーの下取りに出すと、
ただでさえ安い下取り価格が、車検が切れているということで
更に安くなります。

そして、自動車ディーラーに車検切れの車を下取りに出すと、
車検が切れている車ですので、自走は出来ませんから、
車の引き取り代やレッカー代がかかってきます。
更に、諸々の手続きの費用がかかります。

自動車ディーラーの場合は、上記の費用はきっちり取られます。

これが、車買取業者の場合はどうなるのでしょうか。

まず、車買取業者の買取査定から違います。

車検切れの車の買取額は、私たち素人が思うほどマイナス査定には
ならないようです。

車検の有無や車検の残り期間の長い短いは車の買取り額に
そんなに大きく影響しないということです。

車買取業者が自動車整備工場を持っていることや、
車を買取りしてもその車がすぐに売れる訳ではないということも
理由になるようです。

更に、車買取業者に車検切れの車を売却した場合には、
諸手続きの費用はほとんど無料のようです。
業者が負担するということですね。

上記から、判明することは、
自動車ディーラーの下取りと車買取業者の買取りと
歴然とした差が出て来るということです。