車でどこを走っていても道路沿いにはたくさんの車買取店が建っているのを見かけます。
こんなにたくさんの車買取店があって商売が成り立っているのだろうかと心配になるほどです。

聞くところによると、車買取業界はまだまだ伸びしろがあると言われているようです。

これを裏付ける事柄になりますが、以前では、車を買い替える時に、
今まで乗っていた車は自動車ディーラーの下取りに出すことが大半でしたが、
現在ではその数が半分くらいに減ったと言われています。
では、残りの車はどこに行ったのでしょうか?

実は、車買取専門店に売られているとのことでした。

実数は分かりませんが、これはすごいことだと思います。
それで、やはり自動車メーカーもこれを黙って見過ごしている訳にはいかなくなったのでしょうね。

トヨタはT-UPという中古車買取会社を立ち上げ、日産はカウゾーを立ち上げました。

さて、普通に乗られていた車は以上のように、
自動車ディーラーの下取りに出されたか車買取店に売られている訳です。
それでは、車検切れの車や故障車、事故歴のある車など問題のある車はどうしているのでしょうか。

自動車ディーラーの下取りでは、問題のある車は二束三文のような下取り価格で引き取られたり、
下取りを拒否されて廃車を勧められたりするようです。

しかし、車買取業者では問題のある車の扱いが少し違っているようです。

自動車ディーラーの下取り価格は安いと一般の方でも知っていることですが、
こと問題のある車の場合は上記のような扱いになるので、
車買取業者の車買取査定サービスに申込むオーナーが増えているとのことです。

例えば、車検切れの車の場合、車買取店でも渋い買取りをするかと思うのですが、
実は、業者側では車検が切れていることは大きなマイナス点になるとは考えていないようです。

実際、中古車販売店では車検がない中古車がたくさん売られている訳ですから、
車を買取りしてもすぐに売れる車ばかりではないのですから、
車検の有無で車の買取り額が大きく変動はしないようです。

以上のような事情ならば、二束三文に扱われるディーラーの下取りよりも、
車買取業者に売った方が絶対に得になるのです。

インターネット上で車買取査定サービスの申込みが出来ますから、
本当に便利で手頃になったと感じます。